フォトフェイシャルを受けて出た副作用

シミがひどく、年齢よりも上に見られる

シミがひどく、年齢よりも上に見られる | ついにフォトフェイシャル施術の日 | フォトフェイシャルの副作用

シミがひどく、年齢よりも上に見られることが多くなりました。
お肌のハリもなくなり、毛穴も目立つなど、顔全体がくすんでいる印象です。
どうにかしたいと思い、アンチエイジングケアができるスキンケアを買い集めて使ったりもしたのですが、なかなか効果を感じることは出来ませんでした。
仕事終わりには、顔に疲れが出るようになってしまい、自分よりも年上のスタッフからも心配されてしまうことがあります。
しっかりメイクをしてごまかそうとすると、毛穴にファンデーションが落ちて、時間がたつにつれて汚くなってしまうこともあります。
パックをしたり、自分で出来るスキンケアでは限界を感じたので、プロの手を借りようと思い、フォトフェイシャルを受けようと思い立ちました。
てっきりエステに行けばやってもらえる施術だと考えていたのですが、医療機関でなければ受けられないということで、最寄り駅の近くにある美容皮膚科に行くことにしました。
このようなクリニックは初めてで緊張してしまいましたが、看護師さんも先生もとても親切で、こちらのお肌の状態をきちんと確認してくれました。
1回受ければきれいになると思っていましたが、先生が3〜4週間おきに繰り返すことで効果が得られるなど事前の説明を受けました。
説明はカウンセリングのときに行われ、副作用のことも説明されました。
それほど、お肌は弱くないので、そこまで心配せずに受けることにしました。
特殊な光を当てることで、お肌のシミなどに効果が出るという説明だけで、今までの自分のケアとは違うことが分かり期待に胸が膨らみました。
初回はカウンセリングだけで、次回からフォトフェイシャルの施術を受けることになりました。

フォトフェイシャルの副作用とは何か

年齢を重ねても透明感のある素肌を手に入れたいと思っている方は少なくありませんが、どんなに対策を行っても体の老化はとめることが出来ないので、お手入れ方法に悩んでしまう方は増えてきています。
特に若い頃は特に感じなかった肌のクスミなども、年齢を重ねると肌内部の古い老廃物がスムーズに排出されにくくなってしまうことから、段々肌の透明感が無くなり顔全体がくすみやすくなったり、シミやソバカスなどのメラニントラブルが目立つようになってきてしまいます。
特にシミは年齢だからしょうが無いと放置してしまうと、どんどんシミに紫外線が蓄積してしまいシミが大きくなったり、数が増えてしまうなど肌トラブルが起こりやすくなってきます。
そのため普段から美白化粧品を利用してスキンケアを行う女性が増えてきていますが、美白化粧品に配合されていう美白成分とは紫外線を浴びた後に肌内部で生成されるメラニン色素を未然に防ぐことを目的としていますので、若いうちからスキンケアに取り入れるようにしたり、紫外線対策を行っていないと意味がありません。
そのため既に出来てしまっているシミを綺麗にしようとして美白化粧品を使っても綺麗にすることはほぼ不可能なのです。
そこで確実にシミなどのメラニントラブルを改善する方法として注目されているのが美容皮膚科クリニックなどの医療機関で受けることが出来るシミ治療です。
シミ治療はクリニックでも様々な方法で行われていますが、その中でも特にダウンタイムと呼ばれる治療後の副作用がほとんど怒らないとして人気が高くなってきているのが「フォトフェイシャル」の治療です。
フォトフェイシャルは主にIPLと呼ばれる特殊な光を照射させることによって、肌内部のメラニン色素にピンポイントで照射を行い、肌の新陳代謝をアップさせることで効率よく肌内部の不要な老廃物やメラニン色素を排出させることが出来るメリットがあります。
このフォトフェイシャルは脱毛ケアでも使用されるほど、様々な美容治療で採用されており、フォトフェイシャルを肌に照射させることによって、肌内部のコラーゲンが生成されやすくなり加齢によって乾燥しがちだった肌質も、肌内部でコラーゲンが増えることによってふっくらと弾力のある若々しい素肌を手に入れることができるなど、肌トラブル全般に使用することが出来る高い美容効果を期待することが出来ます。
また美容治療と聞くと大掛かりな治療をイメージする方も多いのですが、フォトフェイシャルは照射時間がスピーディーに済ませることが出来るので、顔全体のお手入れを行う場合でも約20分程度のお手入れでケアを受けることが出来るので、忙しい生活を送っている女性でも気軽に美容皮膚科クリニックに通うことが出来る点も人気となっています。
またシミ治療には医療レーザーを利用した治療方法を採用している場合もありますが、医療レーザーは照射威力がとても高いので、美容効果を実感しやすい反面、肌への負担が大きい特徴があります。
そのため治療後は肌を紫外線から守るためにも、照射範囲に必ず専用のテープを貼る事が必要となりますが、フォトフェイシャルの場合治療後はテープで肌を守る必要も無く、通常通りメイクをして帰宅することが出来るなどダウンタイムなどの副作用が殆どない点が最大のメリットだと言われています。
またレーザー治療のように一部位にピンポイントで照射を行うのでは無く、顔全体に照射を行えるなど照射範囲がとても広い特徴がありますので、シミ治療だけではなく顔全体に出来る肌トラブル大半をカバーすることが出来るので、一度で様々な美容効果を得ることが出来る点も人気の理由となっています。